資金繰り表は、
資金の動きについて
過去の実績とこれからの予測を
時系列に並べた表です。

過去の実績だけでなく、
現在の売掛金・買掛金や
これからの販売予測等から
未来の収支も予想をします。

すごく単純にすると次のような感じです。

  4月(実績) 5月(予測) 6月(予測) 7月(予測)
入金 100 100 100 100
出金 90 90 90 180
残高 50 60 70 -10

※実績12ヶ月に予測6ヶ月の前18ヶ月を時系列で並べた資金繰り表を作成することが多いです。

この例では7月に資金が
足りなくなっていますね
(7月に何か大きな支払があるようです)。

銀行さんから借りる、
社長さんから借りる、
売掛金や買掛金のサイトの交渉をする等、

手段は色々だと思いますが、
7月までに準備する
必要がありそうです。

といったことを事前に把握出来ます。

実際の資金繰り表では、
どんな入出金なのかの分類、
売上の金額や仕入れの金額等、
もう少し詳細な情報が入ります。

資金が足りなくなるにしても、
事前に把握できるのであれば、
前もって準備することができますよね。

直前になって、
今月の支払いが出来なくなりそうだ!!
といったことは通常は少なくなります。 

ただ、資金繰り表を作成しても
想定外のことが起これば
状況は変わってきてしましますが。

 

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。