出来れば月の売上の3ヶ月分ほしいです。

資金繰りの不安がなくなり、
本来業務に注力できると思います。

これが難しかったとしても、
少なくとも1~2か月分はほしいところです。

 

資金繰り表を作成すると、
数ヶ月先の現預金の残高が予測できます。 

これにより、いつ、いくら足りなくなるのかは
事前に把握できるようになります。

 

ただ、「足りなくなる」を
どの金額に設定するかが重要です。 

現預金残高が0円になるところを
「足りなくなる」と考えると
大変なことが起こる可能性があります。

売掛金の回収の遅れ等、
想定外の出来事に
対応できなくなるのです。

 

例えば、2か月後に
資金が足りなくなる(0になる)と
予想したとします。

社長さんはそれまでに
資金を準備する予定です。

ところが、今月入金予定だった
得意先からの売掛金の入金が
突然なくなりました。

これにより、今月足りなくなることも
考えられるのです。

現預金残高が
月の売上の1か月分より少ないと
このようなことが起こる可能性が
出てきます。

ですので、資金繰り表の作成したら、
現預金の残高が月商の何か月分あるのかを
常に確認してください。

 

出来れば月の売り上げの3ヶ月分、
少なくとも1~2ヶ月分ほしいです。

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。