自由資金比率をご存知でしょうか?

会計上の利益とキャッシュフローがズレることは
経験則でご存知の方も多いと思います。

この会計上の利益とキャッシュフローのズレの指標が、
自由資金比率です。
この自由資金比率が今日の主役です。

ネットで調べていただくと、
自由資金比率 = フリーキャッシュフロー ÷ 利益剰余金増加額
と出てくると思います。

厳密な表現はそちらに譲るとして、
誤解を恐れずに簡単に言わせていただきますと、

自由資金比率 ≒ 商売で増加したお金※ ÷ 利益
※借入の増減によるものは除いてください

です。

要するに、会計上の利益のうち、
自由に使えるお金の割合という意味です。

自由資金比率の一般的な数値

自由資金比率は高ければ高いほど良く、
一般的には以下のように言われています。

理想企業 :100%~
優秀企業 :70~99%
普通企業 :40~69%
これから :20~39%
要改善 :19%以下

この自由資金比率を良くすることが
利益とキャッシュフローを近づけること。

それがキャッシュフロー経営です。

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。