キャッシュフロー計算書とは??

キャッシュフロー計算書とは、その名称のままで恐縮ですが
キャッシュ(お金)のフロー(流れ)を計算しているものです。

もう少し簡単に言うと、
会社にどのようにお金が入ってきて
どのようにお金が出て行ったかを
計算するものです。

キャッシュフロー計算書

このキャッシュフロー計算書は、
1999年度から日本の上場企業に
作成が義務付けられています。

キャッシュフロー計算書には何が書いてある?

キャッシュフロー計算書は以下の3つのパートに
分かれています。

①営業キャッシュフロー
②投資キャッシュフロー
③財務キャッシュフロー

会社活動を営業活動、投資活動、財務活動という
3つに分類し、その分類ごとにお金の流れを見ています。

キャッシュフロー計算書2

キャッシュフロー計算書で何が分かる?

キャッシュフロー計算書で、
損益計算書で計算した利益が
どこに行ったのかが分かります。

利益が、
売掛金に消えている
棚卸資産に消えている
新しい設備に投資に消えている
借入金の返済に消えている等
です。

少し言い方を変えると、何が原因で
利益とキャッシュフローが違うのかが分かるのです。

キャッシュフロー経営(自由資金比率を増やす)
のために改善すべきポイントも見えてきます。

中小企業こそ、キャッシュフロー計算書を作成し、
経営に活かすべきだと思います!!!

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。