オートフィルタの設定

エクセルのオートフィルタを
使用している方はとても多いと思います。

そんなオートフィルタを設定するときのショートカットは、

Alt → D → F → F

です!!

2007からは

Ctrl + Shift + L

でもできます。

私はこのショートカットは、行・列の挿入と
手の動きが似ているので、使いません(^_^;)

ちなみに、オートフィルタを設定するときは、
この様に、対象となるデータを選択してから、

【エクセル】ショートカット オートフィルタ1

オートフィルタを設定したほうが良いです。

【エクセル】ショートカット オートフィルタ2

基本的には、一番上の行だけの選択で自動認識されるのですが、
空白行などがあると、うまく認識してくれないことがあります。

ですので、範囲をすべて選択したうえで、
オートフィルターを設定してください!!

フィルターを使うとき

オートフィルタを使うときは、右上の矢印を
クリックして色々設定すると思います。

ここもショートカットがあります。

一番上の行のセルにもっていって、

【エクセル】ショートカット オートフィルタ3

Alt + ↓

です!!

すると、こんな感じなり

【エクセル】ショートカット オートフィルタ6

ここで、「↓」や「↑」を使って、
降順や昇順等を選んで「Enter」です!!

さらに、私が良く使うのは、
テキストフィルタのショートカット。

上記「Alt + ↓ 」に続けて

F → A

です。

すると、こうなって、

【エクセル】ショートカット オートフィルタ4

これが出てきます。

【エクセル】ショートカット オートフィルタ5

そのまま検索文字を入れて「Enter」を押すと、
フィルタがかかります。

数値データのみだと数値フィルタになってしまいますが、
文字データが入っているときに使えます。

連続してフィルターをかけるときは
かなり使えます!!

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。