データの選択方法

いきなりですが、「1」が入っている部分を
すべて選択してください!!

と言われたらどうしますか??

【エクセル】ショートカット データの選択1

大きく分けて3種類あると思います。

方法その1 マウスを使う

マウスを使ってドラックする方法ですね。
これはすぐわかると思います。

え?マウスを使うの??
と思われた方もいらっしゃると思います。

確かにショートカットと書いてあるので、
その点では間違っているのですが、
「ゴールに早く到達する方法」が目的です。

小さい範囲の選択であれば、
マウスでもありだと思います。

ちなみに、同じくマウスを使う方法として
「Shift」を使う方法もあります。

一番左上の「1」をクリックした後、
「Shift」を押しながら一番右下の「1」をクリックします。

これでも全体を選択できます。

 方法その2 ショートカット

次は大きなデータを選択する場合のショートカットで、
画面に入りきらないような大きなデータでも使える方法です。

「1」が入力されているどこかのセルを選択しておいて、

Ctrl + A

です。

すると、こんな感じで全部選択できたと思います。

【エクセル】ショートカット データの選択2

方法その3 組み合わせショートカット

次も大きなデータを選択する場合のショートカットで、
「Ctrl + A」と比べると、多少調整が効く方法です。

まず、データの一番左上の「1」を選択します。

その後、

Shift」を押したまま

Ctrl +」、「Ctrl + 右」と押してください。

こんな感じになったと思います。

【エクセル】ショートカット データの選択4

これは、初めに選択したセルと
最後に選択したセルの間を選択する「Shift」と

「Ctrl + 矢印」のデータの切れ目にジャンプする
ショートカットの合わせ技です。

ですので、「Shift」を押しっぱなしであれば、
「Ctrl + 矢印」を使った後に「Ctrl」を放して、
矢印だけで微調整することも可能です!!

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。