本の自炊とは

本の自炊とは、自分で所有している紙の本を
スキャナー等でPDF等の電子データに変換することを言います。

【その他】PDF作成 本の「自炊」の時間1

私は仕事で使う専門書の95%は
自炊してPDFに変換しています。

なぜかと言うと、PDFに変換することで文字検索できますし、
PCを持っていればどこでも見ることが出来るためです。

 自炊するための時間

私の自炊環境の場合、
ページ数に大体0.042を乗じた時間(分)かかります。

例えば、300ページだと、約12.6分(300×0.042)です。

【その他】PDF作成 本の「自炊」の時間2

0.042には、本を裁断する時間から、
スキャン後に文字検索を可能にするための時間も含んでいます。

当然、使用しているスキャナ、PC、
裁断方法等で大きく変わります

また、0.042は先日3札の本を自炊した時の平均値です。

本当は本の大きさ等の形状等によっても時間は変わるので、
形状等で分けてデータを取る必要があると思うのですが、
これでも、おおよその時間は把握できると思います。

 私の自炊環境

私の自炊環境はこんな感じです。
スキャナと裁断機はセットで79,800円で昨年購入しました。

スキャナ:ScanSnap iX500

【その他】PDF作成 本の「自炊」の時間3

裁断機:DURODEX 裁断機 200DX

【その他】PDF作成 本の「自炊」の時間4

PCなどなど:ThinkPad X230などなど 

【その他】PDF作成 本の「自炊」の時間5

右側のノートPCがX230です

次回は、簡単に手順とまとめを書いてみます(^^)/

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。