前回の続き、私の本を自炊するときの手順をご紹介します。
他の方の時間と比べたことがないので、
早いか遅いかは分かりません。

こうしたほうが早い(*_*)
と言うところがあれば、是非教えてください!!

本の裁断する作業はあまり時間はかかりませんので、
一番影響するのは、スキャナの性能だと思います。

この文章を書く前に少し調べたのですが、
あの有名な勝間さんは業務用の300枚までセットできる
タイプを使用しているみたいですね!!

自炊の手順

今回は、この分厚い本(PDFの枚数で1,666ページ)を自炊してみます!!
分厚いので、4つに分解してから裁断→スキャンします

【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ1

①折り目を付けます

何回か折って、切断するためのカッターを入れやすくします。
※ハードカバーの本は、カッターなどをうまく使って先にカバーを外してしまいます。
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ2

②カッターで切ります

一度で切ろうとせずに、何度かカッターを入れていきます。
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ3

今回は4つに分解しました!!
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ4

③裁断機でカットします

糊付けを考慮してカットしていくのですが、
あまり攻めすぎると、糊が残ってしまって
うまくスキャンできなくなりますので注意してください(^_^;)

私は結構保守的にカットします!!
余白の調整は、PDFにした後にPDFソフトで行います。
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ5

こんな感じで、バラバラになります!!
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ6

④スキャンします

私はスキャンスナップを使ってスキャンしています!
一分あたり25枚(両面50枚)の速度でスキャンしてくれますし、
超音波方式のセンサーで重送を検出できます(結構すごいです!!)
ただ、50枚しかセットできないので、気付いたらすぐ補充です。。
【その他】PDF作成 本の「自炊」の手順・まとめ7

⑤PCで検索可能なPDFへ

最後に、PCを使って検索可能なPDFへ変換します。
私は、スキャンスナップに附属しているソフトで行っています(^^)

また、状況に応じて、別のPDFソフトで、
余白の調整や傾き補正を行います。

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。