創業計画を作ってみたら、
ギリギリ自己資金だけで開業できそうだ!

不動産の契約金と内装工事、美容器具、
それと少しだけ運転資金も用意できる!

創業融資なしで理美容室を独立・開業してみよう!

と考えている理美容師さん。

少しだけこの記事をお読みいただく時間を頂けると幸いです。

創業融資

自己資金だけで開業するメリット・デメリット

理美容室で独立・開業するには、
少なくとも約1,000万円は
必要になることが多いです。

その1,000万円の内訳については
理美容室の開業資金の考え方」で
ご説明した通りです。

この1,000万円をどうやって集めるか。

一般的には、次のような形で
集めることになると思います。

・独立・開業までに貯めてきたお金
・ご親族からの援助
・銀行からの借入

※その他にも集める方法がありますが、
一般的には上記となることが多いです。

通常は、

・貯めてきたお金
・ご親族からの援助
(以降、「自己資金」と表現します)

で足りない金額を銀行から借ります。

ただ、稀にですが、自己資金だけで
開業を検討される方がいらっしゃいます。

この場合、仮に失敗したとしても、
リスクは自己資金だけになります。

考え方によっては、
自己資金を失うだけなので
これはメリットと言っても
良いのかもしれません。

一方で、デメリットの一つとしては、
スタートの運転資金がギリギリの場合、
少しの売上計画のズレで
すぐに撤退を決断しないといけない
と言うことがあげられます。

※実際には、原状回復費用やディーラ等への
支払いを残した金額があるタイミングで
撤退を決断する必要があります。

以前も他の記事でご紹介していますが、
お店が軌道にのるのには早くて半年、
通常は1年以上となることが多いです。

・ご指名を頂けるお客様が多い方
・新規集客のノウハウがある方

このような方は別ですが、
これに自信が無い場合、
軌道にのるには1年
と考えていただいた方が良いと思います。

これを考慮したうえで
自己資金だけでもお金が足りなくならない
それであれば、選択肢の一つだとは思います。

ただ、次のような事実もあるということは
知っておいた方が良いと思います。

独立・開業後の融資は難しい

自己資金だけで理美容室の独立・開業し
予定通りの売上が上がらなかった場合を
想定してみてください。

スタートの運転資金は
ギリギリの金額です。

当然、売上が予定通りにならないと、
お金が足りない状況になります。

やはり銀行に借りに行こう!

この時、銀行は
お金を貸してくれるでしょうか。

理美容室の独立・開業時に申し込む
創業融資より審査が厳しくなる
可能性が高いです。

理美容室の独立・開業前は
実際に独立・開業してみないと
どのようになるか分かりません。

一方で理美容室の独立・開業後の場合、
良くも悪くも実績が出てしまっています。

銀行もボランティアではありません。

銀行は地域経済を支えていますし、
銀行が無ければ経済は回りません。

ただ、銀行も商売です。

計画通りに売り上げが
達成できていない状況の方に
お金を貸すことが出来るでしょうか。

借り入れを申し込んだのに
銀行が貸してくれなかった!!
と怒っても仕方ないのです。

それでは、
いつなら借りれたのか。

借りることが出来るのは初めだけ

それは、理美容室の独立・開業前です。

悪い実績が出てしまった独立・開業後

より

どうなるか分からないが
上手く行きそうな独立・開業前

の方が借りやすいのです。

銀行からは、
借りることが出来るときに、
借りられるだけ借りる。

これは融資の基本です。

結果的に、創業融資は
そこまで必要なかった。
これがベストです。

この場合、必要なかった創業融資分
無駄に利息が発生するのは無駄だと
感じる方もいると思います。

ただ、何かあった時の保険料と
考えていただければ
安いものだと思います。

また、一般的には
創業融資を受けてから3年程度は
新たな借り入れができないと
言われています。
※業績が良い場合は1年未満でも
借りることが出来る場合もあります。

 

このような事を考慮したうえで、
創業融資をするか否かを
ご検討されると良いと思います。

The following two tabs change content below.
武渕 将弘
埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅より徒歩5分のライズサポート税理士事務所代表税理士の武渕将弘です。ライズサポート税理士事務所は理美容室・飲食店の創業支援に特化した地域密着型サービスを行っております。これから開業しようと考えている方はお気軽にご相談ください。